CREATIVE HUB PORT

出版情報

『恐怖小説キリカ』文庫版

『恐怖小説キリカ』書評レビューの結果が発表されました

澤村伊智の長編第3作『恐怖小説キリカ』の文庫版(Amazon.co.jp)の「最悪の書評レビュー」の結果が発表されました。 澤村伊智「恐怖小説キリカ」特設サイト|講談社文庫 上記特設サイトにて、澤村伊智賞と担当編集者賞、販売担当者賞と、選出者の評が掲載されております。ぜひご覧くだ

『恐怖小説キリカ』文庫版

『恐怖小説キリカ』の書評レビューを募集中です

澤村伊智の長編第3作『恐怖小説キリカ』の文庫版(Amazon.co.jp)発売を記念して、「最悪の書評レビュー」が募集されています。 前代未聞! 「最悪の書評レビュー」募集! 選出させていただいた書評をお送りいただいた方には、コメントつきの澤村のサイン色紙と図書カード1000円分

『恐怖小説キリカ』文庫版

『恐怖小説キリカ』が文庫化されます

澤村伊智の長編第3作『恐怖小説キリカ』の文庫版(Amazon.co.jp)が4月16日に発売予定です。 単行本からタイトルが『恐怖小説キリカ』に変更され(「恐怖小説」と「キリカ」の間のスペースがなくなった) 、末尾に「その後――文庫版あとがきにかえて」と題したテキストが追加されて

『予言の島』

『予言の島』に綾辻行人さんと有栖川有栖さんの応援コメントをいただきました

発売即重版となった(ありがとうございます!)澤村伊智の新刊『予言の島』(Amazon.co.jp)に、綾辻行人さんと有栖川有栖さんが応援コメントを寄せてくださいました。 KADOKAWA文芸編集部さんのツイート: “【有栖川有栖さんのコメント到着!】 発売即重版! 澤

『予言の島』

『予言の島』が発売されます

澤村伊智の新刊『予言の島』(Amazon.co.jp)が、3月15日(金)に発売予定です。 KADOKAWAからの出版ですが、比嘉姉妹シリーズではなく、澤村曰く、一言で言うと「獄門島」。瀬戸内の島で人が次々に怪死するミステリー作品になっております。ぜひご一読ください。

『ひとんち 澤村伊智短編集』

『ひとんち 澤村伊智短編集』が発売されます

澤村伊智の新刊『ひとんち 澤村伊智短編集』(Amazon.co.jp)が、2月20日(水)に発売予定です。 澤村が作家としての短期目標としていた、シリーズものや連作短編ではない、純粋な短編集の刊行となります。ぜひご一読ください。この目標をこれだけ早く達成できたのは、ひとえに読者の

『ここから先はどうするの』

『ここから先はどうするの ―禁断のエロス―』が発売されます

1月1日に発売予定の官能小説アンソロジー『ここから先はどうするの ―禁断のエロス―』(Amazon.co.jp)に澤村伊智の短編『壁の向こうで誰かが』が収録されています。 澤村初の官能小説となる本作、奥手な女性ホラー作家が「官能小説を書け」と依頼されて困り果てるも、色々あって自分

『ぼぎわんが、来る』1巻

『ぼぎわんが、来る』第1巻が発売されました

澤村伊智のデビュー作『ぼぎわんが、来る』の、川本貴裕さんによる漫画版の単行本第1巻(Amazon.co.jp)が本日発売となりました。 映画『来る』もついに本日公開となりました。映画も原作も漫画もチェックしていただければ幸いです。この第1巻は、原作小説の第一章にあたる内容が収録さ

『などらきの首』

『などらきの首』が発売されます

澤村伊智の最新作『などらきの首』(Amazon.co.jp)が10月24日に発売されました。 比嘉姉妹シリーズ最新作にして初の短編集となる文庫となります。また、単行本として出版され、すでに文庫化されている比嘉姉妹シリーズの第1作『ぼぎわんが、来る』(Amazon.co.jp)と第

『だから見るなといったのに』

『だから見るなといったのに』が発売されます

7月28日に発売予定の『だから見るなといったのに』(Amazon.co.jp)に澤村伊智の短編『高速怪談』が収録されています。 同書は、恩田陸・芦沢央・海猫沢めろん・織守きょうや・さやか・小林泰三・澤村伊智・前川知大・北村薫の9名(敬称略)が競作した怪談&奇談アンソロジーです。澤