高円寺オフィスはイラスト・映像・写真・小説・漫画などを手がける個人事業主が集まる共同事務所です。

澤村伊智長編第4作『ししりばの家』

『ししりばの家』澤村伊智の長編第4作目となる小説『ししりばの家』(Amazon.co.jp)が、2017年6月29日に発売されます。

デビュー作『ぼぎわんが、来る』、長編第2作『ずうのめ人形』に続く、KADOKAWA第3作となる本作、担当編集者が「過去一番恐ろしかった」と語る直球ホラーとなっております。ぜひお手に取っていただければ幸いです。

■カドカワストアの商品説明より
夫の転勤先の東京で幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は、不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。はたして本当に、この家に「怪異」は存在するのか――。

「このマンガがすごい!2017」オトコ編1位
『カイジ』シリーズの悪魔的スピンオフ『中間管理録トネガワ』

『中間管理録トネガワ』5巻福本伸行先生の大ベストセラー『カイジ』シリーズに登場する、あのキャラクターがまさかのスピンオフ作品に! 橋本智広が作画を担当する『中間管理録トネガワ』(共同作画:三好智樹/原作:萩原天晴/協力:福本伸行)の単行本第5巻(Amazon.co.jp)が2017年6月6日に発売されました。

「このマンガがすごい!2017」オトコ編1位を獲得し、累計180万部突破! ますます絶好調のトネガワ、未読の方もこの機会にぜひご一読ください。

■Amazon.co.jpの商品紹介より
利根川幸雄の四方八方、ブラック企業の艱難辛苦…! 圧倒的左遷‥!…最果て支社へ異動する部下…! 女子力満載…! 帝愛に咲く、一輪の女性黒服…! 脂もの禁止…! 生活改善を強いる健康診断…! SNS戦争…! 帝愛を脅かすツイッター垢…! 『カイジ』の悪魔的スピンオフ、激熱第5巻‥!

自主制作映画『世界の終わりの、そのあとで』

『世界の終わりの、そのあとで』ポスター上田浄介が監督した自主制作映画『世界の終わりの、そのあとで』が、福岡インディペンデント映画祭(FIDFF)の優秀作品と、下北沢映画祭のコンペティション部門に選出されました。FIDFFでは主演の田村健太郎さんが俳優賞も受賞しております。

FIDFF『世界の終わりの、そのあとで』作品紹介ページ

今後、上映の機会がありましたら、都度こちらでご案内いたします。

■INTRODUCTION
脚本・監督は映像ディレクターの上田浄介。本作が初の自主制作映画監督作品となる。
原作は『私という猫』『餅巣菓さんに呼ばれる』『逆流主婦ワイフ』等、心に深く突き刺さる作風で高い評価を得る気鋭の漫画家・イシデ電。
本作は連作短編コミックス『ラブフロムボーイ』(朝日新聞出版)に収録されている「世界の終わりとそのあとで」の映画化作品となる。
主人公・耕平を演じるのは田村健太郎。ヒロイン・絵子に小宮一葉。耕平のクラスの女子生徒・三好かずみにはアイドルグループ「POSH」の藍川みなと。本作が初の映画出演となる。
そして、バブル期のオイニーを撒き散らすセクシーアイドルユニット「ベッド・イン」が友情出演。 監督の上田浄介は彼女たちのMVも手掛けている。
撮影現場を見学した原作者に「自分が描いた漫画の世界に迷い込んだ」と言わしめた、原作者も納得の作品世界が実現した。

■STORY
高辻耕平(田村健太郎)と国見絵子(小宮一葉)は、高校時代から8年間交際を続け、結婚を間近に控えて同棲するカップルである。
耕平は絵子にベタ惚れしていて、人生のすべては絵子だと公言してはばからない。
高校の教師をしている耕平は、同僚の保健医・野口玲子(藤堂 海)から連絡を受ける。
クラスの生徒、三好かずみ(藍川みなと)が書店で万引きをしていたというのだ。
かずみを問いただした結果、「ほれ薬」を買うお金が欲しくて万引きをしていたという事実を知る耕平。
ほれ薬の存在を知った耕平は、世界のすべてだと思っていた彼女への気持ちが、
ほれ薬によって操られているものではないかという疑いを抱きはじめる……。

第30回山本周五郎賞ノミネート
澤村伊智長編第2作『ずうのめ人形』

『ずうのめ人形』澤村伊智の長編第2作『ずうのめ人形』(Amazon.co.jp)が、第30回山本周五郎賞の候補作品に選出されました。

『ずうのめ人形』特設サイト(外部サイト)で、あらすじ・人物相関図、有川浩先生・東雅夫先生・千街晶之先生からいただいたコメントなどがご覧いただけます。「ホラーファンなら見逃せないこの夏の課題図書(ダ・ヴィンチニュースの紹介記事より)」。未読の方もこの機会にぜひお手に取っていただければ幸いです。

■カドカワストアの商品説明より
オカルト雑誌で働く藤間は、同僚から都市伝説にまつわる原稿を託される。それは一週間前に不審死を遂げたライターが遺したものらしい。原稿を読み進め「ずうのめ人形」という都市伝説に触れた時――怪異が、始まる。

澤村伊智長編最新作『恐怖小説 キリカ』

『恐怖小説 キリカ』澤村伊智の最新作となる小説『恐怖小説 キリカ』(Amazon.co.jp)が発売されました。

『恐怖小説 キリカ』特設サイト(外部サイト)

本作は講談社からの刊行となり、日本ホラー小説大賞を主催するKADOKAWA以外の出版社からは初となる長編作品となります。澤村にとっても大きなチャレンジとなる本作、ぜひご覧いただければ幸いです。

■Amazon.co.jpの商品紹介より
『ぼぎわんが、来る』、『ずうのめ人形』でエンタメ小説界を震撼させた澤村伊智が、スティーヴン・キングの傑作『ミザリー』に挑む!

人間が一番怖い――。
あなたの日常を侵食する究極のサイコ・サスペンス!

ホラー小説の新人賞を獲得し、僕は出版に向けて準備をはじめた。隣には支えてくれる最愛の妻・キリカ。
順風満帆な日々が続くと思われたが、友人の一人が「作家とは人格破綻者である」「作家は不幸であるべき」と一方的な妄想を僕に押し付け、嫌がらせをはじめる。ストーカー行為、誹謗中傷の手紙、最悪の贈り物。
やがて不幸(ミザリー)は、僕とキリカのとある「秘密」を暴き出すが――。

「このマンガがすごい!2017」オトコ編39位
ルノアール兄弟最新作『少女聖典べスケ・デス・ケベス』

『少女聖典 ベスケ・デス・ケベス』2巻ルノアール兄弟が「別冊少年チャンピオン」で連載中の『少女聖典べスケ・デス・ケベス』の単行本第2巻(Amazon.co.jp)が2016年9月8日に発売されました。

原作担当の左近洋一郎が敬愛する、原泰久先生の『キングダム』が中国の歴史を描くなら俺は日本の歴史を描く!――という熱い意気込みで臨んでいるスケベパワー歴史大河ロマンをぜひご覧ください!

■秋田書店のコミックス紹介ページより
鎌倉のケべス使い・北条三姉妹によって復活した伝説のケべス・源頼朝と、「大仏危機一発」と呼ばれるベス・ゲームをすることになった、ケベスクラブの面々。大仏が発射されると世界滅亡。この世の平和は、ゆいかのスケベパワーに託された!!

第22回日本ホラー小説大賞受賞作
澤村伊智『ぼぎわんが、来る』

『ぼぎわんが、来る』日本ホラー小説大賞を受賞した、澤村伊智の処女作となる小説『ぼぎわんが、来る』(Amazon.co.jp)が全国書店・インターネット書店にて好評発売中です。

『ぼぎわんが、来る』特設サイト(外部サイト)で、試し読みや澤村伊智のインタビューも見られますので、ぜひご覧の上、書店などでお手にとっていただければ幸いです!

■日本ホラー小説大賞選評より
文句なしに面白いホラーエンタテインメントである。――綾辻行人先生

大当たりだった。選考しながら早く先を読みたくてならない作品は稀有。――貴志祐介先生

恐怖を現在進行形で味わうことができます。迷わず大賞に推しました。――宮部みゆき先生

■「BOOK」データベースより
幸せな新婚生活をおくっていた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。原因不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、今は亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのか?愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん”の魔の手から、逃れることはできるのか…。第22回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。

高円寺オフィス ニュース

「別冊少年チャンピオン」7月号が発売されました

「別冊少年チャンピオン」2017年7月号

ルノアール兄弟が『少女聖典べスケ・デス・ケベス』を連載中の、「別冊少年チャンピオン」(Amazon.co.jp)最新号が発売されました。 今月号のケベスは、なんと自称おぼこJCたるゆいかの前に、弟子入りを志願するリトルガ …

小説『ししりばの家』が発売されます

澤村伊智の最新作『ししりばの家』(Amazon.co.jp)が6月29日に発売されます。 KADOKAWAからは3作品目、長編小説としては4作品目となる本作、担当編集者が「過去一番恐ろしかったです」とツイートする直球ホラ …

『中間管理録トネガワ』5巻が発売されました

『中間管理録トネガワ』5巻

橋本智広が「月刊ヤングマガジン」で連載中の『中間管理録トネガワ』(共同作画:三好智樹/原作:萩原天晴/協力:福本伸行)の単行本第5巻(Amazon.co.jp)が本日発売となりました。 昨年の「このマンガがすごい!」オト …

「BABY!」vol.2が配信されました

ママとパパのための無料電子雑誌「BABY!」のvol.2(Amazon.co.jp)に、ルノアール兄弟の『バブバブスナック バブンスキー ~ぼんこママがのぞく赤ちゃんの世界~』の第2話「パパは悪霊!?」が掲載されています …

「小説推理」7月号が発売されました

「小説推理」2017年7月号

発売中の「小説推理」7月号(Amazon.co.jp)に、澤村伊智の連載小説『うるはしみにくし』の第三話が掲載されています。 女性教諭が、相次ぐ女子生徒の異変を何とかしようと調査を始めたものの、そんな彼女もある日突然…… …

「月刊ヤングマガジン」6月号が発売されました

本日発売の「月刊ヤングマガジン」(Amazon.co.jp)最新号に、橋本智広の『中間管理録トネガワ』(共同作画:三好智樹/原作:萩原天晴/協力:福本伸行)が掲載されています。 今月は、帝愛Twitterアカウント編の後 …

「Night Land Quarterly」vol.9に短編が掲載されます

「ナイトランド・クォータリー」vol.09

5月31日頃発売予定の、幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌「ナイトランド・クォータリー」最新号(Amazon.co.jp)に、澤村伊智の短編「夢の行き先」が掲載されます。 「悪夢と幻影」をテーマにした今号。 …

PAGETOP
Copyright © 高円寺オフィス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.