CREATIVE HUB PORT

澤村 伊智(小説家)

澤村伊智1979年11月14日生まれ。

大阪府生まれ、兵庫県出身。東京都在住。

2015年、第22回日本ホラー小説大賞を『ぼぎわんが、来る』で受賞。本作にて小説家デビュー。
2017年、『ずうのめ人形』が第30回山本周五郎賞候補作に選出。
2019年、「学校は死の匂い」が第72回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。
2019年、『ファミリーランド』が第2回細谷正充賞受賞。
2020年、『ファミリーランド』が第19回センス・オブ・ジェンダー賞特別賞受賞。

Twitter

■比嘉姉妹シリーズ
『ぼぎわんが、来る』角川書店刊→角川ホラー文庫にて文庫化
『ずうのめ人形』角川書店刊→角川ホラー文庫にて文庫化
『ししりばの家』角川書店刊→角川ホラー文庫にて文庫化
『ばくうどの悪夢』角川書店刊
『などらきの首』角川ホラー文庫(短編集)
『ぜんしゅの跫』角川ホラー文庫(短編集)
『さえづちの眼』角川ホラー文庫(中編集)
『すみせごの贄』角川ホラー文庫(短編集)

■長編
『恐怖小説 キリカ』講談社刊→文庫化
『予言の島』角川書店にて単行本刊行→角川ホラー文庫にて文庫化
『うるはしみにくし あなたのともだち』双葉社刊→文庫化
『邪教の子』文藝春秋刊
『斬首の森』光文社刊

■短編集
『ひとんち 澤村伊智短編集』光文社刊→文庫化
『ファミリーランド』早川書房刊→角川ホラー文庫にて文庫化
『アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿』祥伝社刊(連作短編集)→双葉社にて文庫化
『怖ガラセ屋サン』幻冬舎刊(連作短編集)
『怪談小説という名の小説怪談』新潮社刊

■掌編集
『一寸先の闇 澤村伊智怪談掌編集』宝島社刊

■アンソロジー(カッコ内が澤村作品)
『宝石 ザ ミステリー Red』光文社刊(「ひとんち」)
『謎の館へようこそ 白』講談社刊(「わたしのミステリーパレス」)
『短篇ベストコレクション 現代の小説2018』徳間書店刊(「コンピューターお義母さん」)
『だから見るなといったのに』新潮社刊(「高速怪談」)
『ここから先はどうするの ―禁断のエロス―』新潮社刊(「壁の向こうで誰かが」)
『平成怪奇小説傑作集〈3〉』東京創元社刊(「鬼のうみたりければ」)
『ザ・ベストミステリーズ2019 推理小説年鑑』講談社刊(「学校は死の匂い」)
『沈黙の狂詩曲 最新ベスト・ミステリー』光文社刊(「などらきの首」)
『幻想と怪奇2 人狼伝説 変身と野生のフォークロア』新紀元社刊(「黄昏に立つ母は狼」)
『異形コレクションXLIX ダーク・ロマンス』光文社刊(「禍 または2010年代の恐怖映画」)
『異形コレクションL 蠱惑の本』』光文社刊(「恐 またはこわい話の巻末解説」)
『甘美で痛いキス 吸血鬼コンピレーション』二見書房刊(「頭の大きな毛のないコウモリ」)
『再生 角川ホラー文庫ベストセレクション』角川書店刊(「学校は死の匂い」)
『Day to Day』講談社刊(「6/23」)
『本格王2021』講談社刊(「笛を吹く家」)
『異形コレクションLI 秘密』光文社刊(「貍 または怪談という名の作り話」)
『ゆびさき怪談 一四〇字の怖い話』PHP研究所刊(「兄弟の電話」など)
『あなたの後ろにいるだれか―眠れぬ夜の八つの物語―』新潮社刊(「涸れ井戸の声」)
『5分で読める! 背筋も凍る怖いはなし』宝島社刊(「通夜の帰り」「君島くん」「無題」)
『狩りの季節 異形コレクション LII』光文社刊(「えれんとわたしの最後の事件」)
『ギフト 異形コレクション LIII』光文社刊(「鬼 または終わりの始まりの物語」)
『てのひら怪談 こっちへおいで』ポプラ社刊(「しらないひと」「へどろんなの秘密」「あの家のこと」「ライブ配信あるいはアウトサイダー2022」「あぶあぶめだらじゅ」)
『5分で読める! ぞぞぞっとする怖いはなし』宝島社刊(「せんせいあのね」「はしのした」)
『超怖い物件』講談社刊(「笛を吹く家」)
『鉄道小説』交通新聞社刊(「行かなかった遊園地と非心霊写真」)
『陥穽の円舞曲』光文社刊(「うらみせんせい」)
『超常気象 異形コレクション LIV』光文社刊(「赤い霧」)
『ヴァケーション 異形コレクションLV』光文社刊「縊または或るバスツアーにまつわる五つの怪談」
『幻想と怪奇 ショートショート・カーニヴァル』新紀元社刊(「儂は怪物を殺した」)
『七人怪談』角川書店刊(「サヤさん」)
『ジャンル特化型ホラーの扉 八つの恐怖の物語』河出書房新社刊(「みてるよ」)
『乗物綺談 異形コレクションLVI』光文社刊(「くるまのうた」)
『超短編!大どんでん返しSpecial』小学館刊(「井村健吾の話」)
『わたしの名店 おいしい一皿に会いにいく』ポプラ社刊(「このトンネルを抜けたら最初に行く店」)※エッセイアンソロジー
『七つのカップ 現代ホラー小説傑作集』角川ホラー文庫刊(「シュマシラ」)
『Jミステリー2024 SPRING』光文社刊(「わたしの最後のホラーミステリ」)